カード使用料の支払い不可のケースが多発している》踏み倒しをするまではいかなくともクレジットカード利用料の約定日時点で銀行残高が不足し、請求口座引き落としがされないケースがひっきりなしにやってしまう場合には、発行会社側が『常に金欠である』と想像するため失効という処理になってしまう場合もあります。資金はたっぷりあるはずなのについ悪気はなく引き落とし不可になった・・・というのをしていてもクレジット会社に言わせると信用することはできないカードメンバーという階級になってしまうことがあるために他社からの借入をしているしていないに関わらず失効という処理がされるケースがあるのでので注意しましょう。お金にだらしのない人に対する採点の内容というものは言わずもがな低いのですから。尚、一回でもこの利用料の振り替えがされない事実が発生すると、クレジットカードの利用期限まで決済でいたとしてもそれ以後の再契約ができなくなる時こともあります。それだけ重大なことなのだと把握し振替日に関しては記憶するようにしたほうが良いです。クレカ現金化等を使う→カードのキャッシング利用枠が足りなくなってしまい、もうサラ金から現金を借りられない時に、クレカキャッシュ化などと呼ばれるようなクレジットカードのショッピング額を使った手段などを使用してしまうと、その事実によりクレカの強制没収という処理がされる時があるのです。元を正すとクレジットカード発行会社ではルールで換金目的のクレジット利用について許容していないのであるからをキャッシュ化する利用=契約内容違反=失効などということに陥ってもおかしくはないのです。簡単に経済状況が厳しいからといって現金化を使用してしまうと、支払い残について一括請求などをされる時ですら存在するようなので何があっても使わないようにしてほしいものです。