クレカを利用していると毎月加入カード会社から利用明細書が郵送されてきます。それらご利用明細を見ればどこのショップでいつどの商品にクレカでどれだけ使用したのか詳細事項が記されているため、これまで使用した履歴を照会するのが非常に易しく安心です。全く取って替えるには少し少し無理があると感じるかもしれませんが、ミニ家計簿に類するものに仕上げることも簡単なため、支出管理にも使えます。加えてクレジットカードご利用明細の通知があってから普通は十日ぐらいしてから決済金額の支払いがなされます。ということは手元の利用明細をよく注意していてあれ?と思うような疑わしい項目もしも使ったこともない項目がリストにあればカード会社に電話をして聞けば良いことが多いでしょう。スキミングによる不正利用に類するあなた以外による支払いが発覚したような時でもクレジットカード使用者に何か理由(落ち度)がない限りほとんどの事例ではカード会社がその類の疑わしい項目を免除してくれます。今日ではこの価値の高いカードご利用明細をインターネット上で見られるカードが一般的になっています。日頃からどこでどんなものを決済したかをチェックしておく方法でカード詐欺を未然に防ぐだけでなく、カード利用の成績表としても使えて資産管理といったことも可能になります(ホームページで照会OKなカードは前月よりまえの使用履歴や来月以降の請求額など閲覧可能です)。クレジットカードは上記の意味でもかなり有用な武器なのです。