よくカードのひと月の限度額があなたが日々使う以上よりゆるめに設定していると余裕だと誤解し必要よりもを使用してしまったりするものですね。このようなクレカ使用の危険をコントロールするようにするためクレジットカードの限度額を低く設定しておこう・・・というのがこれから申し上げる文章の主題です。カードの限度額をコントロールする方法●契約カードの利用限度額を減らすことはカードの限度額を増やす方法といっしょで、いたってスムーズです。手元のカードの背面に記載されているサポート番号にダイヤルして、「月ごとの限度額を引き下げてほしい」等と担当者に対して指示するだけです。だいたいは現時点での月の利用限度額より少なければこれといった調査なしでそのまま申請が終わってしまいます。月ごとの限度額を減らしておくのはお金を守ることにも繋がっている◆クレジットカードの月の利用限度額のコントロールは、自己抑制等の効果だけでなく資産を守ることとも関連があります。仮に、あなたのクレカが紛失等により偽造される場合でも、前もってカードの上限を少なく申請しておけば実害を可能な限り減らすように可能だからなのです。心配する必要はないけれど、たとえカードが勝手に使用されたことがあったトラブルでもカード所有者に重大な違反と思えるものがなければ盗難保険等で呼ばれるものが加入者を守ってくれるし心配することではないんですが、数パーセントの可能性のことを頭に入れておき、月ごとの限度額は下げるようにしておいたら万全でしょう。不必要な上限額はデメリットでしかないのです。