カードを店にて使う時、みなさん体験したことがおありではないかと思いますが店頭の人が理解していないためどちらのレシートをお客様へ対して渡したら良いのか迷う時があるかと思います。カードを使用すると端末3枚1組の利用レシートが発行されるからであり、それらのうちどれをカード利用者に対して渡すべきなのかわかりにくいということがあるのです。3組綴りの利用明細の説明:それではこの3枚の明細の説明とはいかなるものなのかについては、以下の記載のようになります。1客に保管して頂く使用明細。2店舗で保管する明細。3カード会社控え用の明細(サインを行うレシート)。通常はカード利用者に渡さなければいけない利用レシートを渡されるはずですが時として店舗で保管する紙を利用者側へ間違えて渡してしまったという場合の他、記名した方の明細レシート自体を渡してしまったといったケースも見受けられます。これは時間給の担当者に対してや普段クレカが利用されない店において利用する際、そのようなスタッフの動揺というものが拝見することが出来るのではないでしょうか(笑)。店舗従業員が誤った方の明細を提示して場合にはやさしく「間違ってますよ」などと教えてあげてください。