契約店舗で全部のクレカが使用できるのでもありません。:クレジットカード会社の契約店舗は多くの場合、二つ以上のクレカブランドに加盟していますが、残念なことに全ての加盟店で全部の種類のクレカが決済可能なわけじゃありません。一例をあげれば古い契約店舗のときにはJCBのマークの書いたカードしか決済できない場合もありますし、最近できた商店ではVISAとマスターカードの印の書いたもののみしか使用不可なときもあるでしょう。ダイナースクラブカードなんかのクレカの場合はもっともっと決済不可な状況が増えるのではないでしょうか。どのクレカが決済可能かというのをいかにして判断するといいんだろう「ではいかにして何の所有クレジットカードが決済可能かというのを判断したら良いのか?」という質問ですが、本当のところを見るには該当店の店員に問い合わせてみる以外にはないていうのが正直なところその回答です。とはいってもほとんどの売り場や料亭には店舗前の見える場所に切れるクレカ会社のロゴが入ったステッカーが付けられていることから、「ふーんこの店舗はアメックスが切れるのね」という感じに一目でわかるようにされているため記憶にとどめておいていただけるとよいと思います。いっぽうで、しっかりと加入管理が出来ていない加入店舗で切るときにはロゴシールが掲げられている店舗でも「今はお客様のクレカは使えません」といったような返答をもらう場合もあるわけであたふたしてしまう状況に出くわしかねません。お勧めとしてはできる限りは全ての加盟店舗でクレカが有効であるようにしたいならば異なるブランド(国際ロゴ)がプリントされている一般的なビザカードダイナーズライフカード、というようなクレカを2、3枚申し込んでおくようにするとよいと思います(例:UCカードをすでに持っているならもう一方はダイナースカード付きのカードを契約するなど)。もっぱら国内においてはVISA、マスターカード、JCBの3つのカード会社が入ったクレカを日ごろから財布に入れておけば間違いなく100%近くのカード決済可能店舗でなにがしかのクレカを切るよう準備万端というわけです。クレジットカードを使いこなして有効にカードライフを続けるつもりならばできる限り早めに少なくともこの3枚のクレジットカードを契約しておいていただきたいと思います。