レシートの保持する必要性はある。結果から最初に述べるとことは特段ないというのが解答です。個人によっては保管することが自らが利用した証跡を持っておきたいという際は残しておけばいいのだし、もしもそれらの証跡は必要でないということであればとっておく必然性はない。ただ毎月郵送される使用履歴との照合をする際においては間違えなくこのような明細レシートは不可欠。明細レシートをそこまでは保管していないとどこのショップでどれだけの金額を決済したか?というのが定かでなくなってしまうだけでなく、間違えの他ダブった請求がないかの確認作業さえもできないので気をつける必要があります。おそらくクレジットを利用した内容はレシートを保管していないと記憶しておくことはできないはずです。せめて明細書が手元に届く1ヶ月から2ヶ月くらいの期間は、厳重に明細レシートを保存したい。カードの利用レシート廃棄方法→利用レシート処分のやり方はとにかく簡単なのです。他の人に悪用されないようできるだけ細かくちぎって捨てるだけで大丈夫。自家用シュレッダーが使える場合は念のため使うほうが良いでしょう。カードの利用履歴を証明している利用レシートであるためクレジットNo等、個人情報について特定されるものがとても多く詰まっています。ただの利用レシートと軽視せず廃棄は気を抜かずに行うべきでしょう。尚、近頃は予防のために利用レシートにナンバー等の情報が表記されないことも出てはいるが過信は禁物であると思います。