クレジットカードというものを使用することを望む場合、利用希望者本人がカードを所持可能な年になっているという条件がある。例外はもちろん存在するのですが原則18?65歳くらいの範囲の希望者が申請受け付け対象と定められている決まり事に注目すべきです。20歳未満の方は保護者の許可をもらうことが必須⇒とりあえずは間違いなく希望者が18才より下の年齢だと判断される状態には、残念ながらクレジットの申請は門前払いであると考えて頂いた方が賢明でしょう。15才になると同時に、一生懸命お金を稼いでいる方もいらっしゃると考えておりますが車の許可証等と一切変わらず決められた年齢にならない限り保有は無理だと思って頂いた方が適当だと言えます。18歳か19歳である条件である場合→もし18才もしくは19才だという大人でない方の条件の場合にはどんなに待遇の良い法人に就労して給料がすこぶる高額である場合でも父母の同意が必須事項とされるのでこういった点でもよく確認することが必要になります。学部生や専門学校通学者などという学生人々に応じて学生カードという学校の生徒のためのプロパーカードが用意されている事実があるのでそれらのカードを登録申請するのが確実です(学生カードへの申込以外の場合審査が拒否されるようなこともあります)。または、自らクレカの申請を実行しなくても父親や母といったあなたの両親が登録するクレジットカードの家族カードという代物を保持させてもらうなどということなども検討できる故何かにつけ小遣いについての管理がややこしいものであると考えているようならば協力を頼んでカードを作ってもらうのも効率的と考えられます。18歳であっても高校生ではクレカを申し込めない…ところで、もしも在学中に18歳だったことを理由にして高校の学生はクラシックカードを基本的には申し込むようなことはまず不可能です。それでもなお、仕事に直結する訓練を集中的に学習することを目的とした特殊な4年制の高校もしくは5年制高校(服飾系専門学校等の学校)の条件であれば高校生でも学生用カードの使用について許諾される場合がサービスによってはあるということなので、カードの所有にこだわっているケースにはあなたの希望しているクレカ会社に電話してみてほしい