キャッシングカードというのがありますが、クレジットカードというようなものはどのように異なっているのでしょうか。使用しているクレジット系カードでも借り入れできる機能が付けられてます。突然手持ち資金といったようなものが必要な折に十分に助かります。ローン系カードなどを所有することでどのようなことが異なってくるのかということを教えてください。わかりました、疑問にご回答してみたいと思います。取りあえずキャッシングカードだったりローンカードといった複数の名前がありますが、全部キャッシングサービス専門のカードであってクレジットカードなどとは異なることです。MASTER等のクレジット系カードもキャッシング機能が付属しているのがあるので、たいして用は無いように思ったりしますが金利だったり上限枠というのがクレジット系カードというようなものとは明らかに異なっています。クレジット系カードなどの場合はローンに関する限度が低くしているというものが通常ですがローン系カードですとより高くしている事例といったものが存在したりするのです。また金利というようなものが低めにされているのも利点かと思います。JCB等のクレジット系カードだとキャッシングサービス利子というのが高額な事例が通常なのですが、キャッシングカードの場合ですとけっこう低く設定してあります。ですが総量規制というもので誰でもカード発行できるわけではなかったりします。年間収入の30%しか契約できないですから、それだけの所得といったものがないとならないです。そのような年収の人がローンといったものを必要とするかどうかはわかりませんけれども、JCB等のクレジット系カードの場合だとこのような上限枠は用意されてません。別言すればキャッシングカードといったものは低金利に高額な借入ができるカードだったりします。カードローンなどの利用頻度が多い方は、MASTER等のクレジット系カードと別に持った方が良いものという事になっています。