付属の担保を望んで、や持っていると使う以外にも値打ちのあるクレジットならばまだいいのだが所持している必要性もないし年会費も支払わなければならないようなクレジットを万が一保有して放置しているのであったら、解除しておいたほうが得でしょう。というのも、クレジットカードを保有しているという事によって、後で言うタイプの欠点が出てきてしまう可能性がなくはないという根拠からです。払わなくていいクレカ会費が出てきてしまう可能性が否めない◇カードという物体は手元に置くだけでも会費といったような費用が生じる種類が存在するのです。そういうカードの例ではまるまる1年をひっくるめても一度も使うことがなかった事例であっても無駄な出費が要ってしまうため、使用しないとクレジットカードを持っておき、忘れるという事が起きるだけで莫大な損になるのです。当然ではありますが返却をしてしまえば無駄な出費の出現の可能性は解消されるという根拠で、不要なクレジットはなるべく早く解約してしまうという方法が無難だと説明できると思われます。それに、年会費が無料のカードの中にもクレカを使わないと払わなければいけないお金がいるという約束事項が作成されている物もあったりするという根拠で、注意した方がいいです。