カードを用いるというだけで保険が利く〇カードに付属している買い物保険はクレカであるモノを購入すると、そのクレジットカードで買ったモノへ言わなくても付いてくる保険のことを言います。買ったその商品が不良品だったり盗まれたような場合にカードの保険がその被害額を補てんしてくれます。一定商品のような適用されない枠もありますが日頃からクレカを用いてお会計すれば該当の保険が付くわけなのでお勧めとしてはチャンスを見つけてクレカを提示して購入するのはどうでしょうか。リスクを想定するなら、そのようなどうしようもない状況に遭遇してしまった時には、この補償が利くことを感謝する機会があるでしょう。サービスとして盗難保険が有効なのでストレスなくクレジットカードを使用できる▼盗難保険は日本各地で提供されているほとんど9割以上のクレカにパッケージされている保険のことです。注意せず、クレカを電車に落としてしまったり無断で使用されたことが起こったに生まれた損害を、こういった保険が助けてくれるんです。クレジットカードは現金で支払うよりも安心できないなぁといった印象を抱いている人々は少なくないかもしれませんが、盗難保険に入っているわけだから、カード払いは安全な決済手段と言うのが自然でしょう。この保険はサービスを受けるにあたっての手続きといったことは一切不要なことから、心配せずにクレカを利用してみてほしいです(不正使用等、問題に気づいた際に申請すれば適用を受けることができる)。さらに、ユニークなカード保険も多数〇さらには、クレジットカードの違いにより多様な保険や保証、付帯項目があるため比較検討の際においては細かくクレカ発行会社に確認してみるのがお勧めです。以下に例をあげると、・シートベルト保険(安全ベルトを装着している際に事故で負傷したら該当)・スポーツ安全傷害保険(バスケ等のスポーツで他のプレイヤーに損害を与えた場合などに適用される)・ゴルファー保険(アルバトロスやクラブが盗難に遭った場合などに適用される)・クレジット債務免除サービス(該当カード契約者が亡くなった時などに、未払い額を支払わなくてもい)等がオプションとしてあります。前述のもののほかにもWEBで検索すればユニークなものも結構あると考えられるので、自分に使いやすいカード保険を確認してみてもクレジットカード選びには理にかなった選び方なのかもしれませんね。