初心者向けのFX取引の教科書では、「損をした場合はナンピンすることで平均のコストを下げることができる」などと書かれているが現実にはこれは相当の落とし穴があります。

とりあえず、ナンピン買いのやり方に関して簡単に述べておきます。

仮定として1ドル100円でドルを買ったとする。

$(ドル)買いなので、ドル高に推移するほど利益が大きくなりますが、思っていたのとは逆に95円まで円高ドル安方向に触れたとします。

その場面で保持し続けたとしたら損失が戻るためには損した分ドル高が進まなければならない。

誰でも、マイナスは出来るだけ早く0にしたいと考えるでしょう。

それを解決するため最初に取引したのと同じだけの$(ドル)を、1ドルを95円で買います。

そうすると、ポジション全体のコストは1ドル=97.50円まで低くする事が出来ます。

すなわち、2円50銭の幅でドル高が進むと損失を取り戻す事が出来ます。

この流れがナンピン買いのロジックだ。

このような、ナンピン買いのロジックを聞くと「納得だ」という気分になるが、市場はそう容易には問屋を卸しません。

最初から、95円が底だということなど、誰一人として分かるはずがありません。

例として、外国為替市場が相当の円高傾向だとしたら1ドル=95円ではとどまらずさらにドル安に進む危険性が高いです。

ひとつの例として、1ドル97.50円でナンピンをした時に95円まで円高が速んだら、ナンピン買いしたポジションにも損が生まれることになってしまいます。

その状況では、一番初めに取引したドルと一緒に、ダブルで損失を被ります。

この通り、ナンピンは厄介です。

それならば、外国為替市場が筋書きとは別の方向に素早く進んでしまった場合、どういう手法で危機を軽減すればいいのでしょうか。

ここで選択する道は多くはありません。

まずひとつは潔く、損切りをする事です。

もうひとりは、保有しているポジションを小さくする事によってもう一度為替相場が元のようになるのを動かないで待つことだ。

ちょっと受動的な手法だと言う投資家もいるだろう。

しかし、所有しているポジションにマイナスが生まれた場合正しいやり方はこの他にはありません。

確かに、机上では、ナンピンをしてみる考え方もあると思います。

だがナンピンは、あなたが損失を出しているのに、買いポジションを減少させるどころか、遂に買いポジションを重ねていく手段です。

この手段では、危険性を避けることなどどう頑張っても無謀だと考えたほうがいいです。

ナンピンを続けられればいずれは損を取り返せるかもしれません。

しかし、それより先に資金は無くなってしまいます。